建築・社会環境工学科 水環境デザインコース 環境水理学研究室

流れの科学を通じた水環境のデザインと環境

社会基盤としての水域

河川,湖沼,ダム貯水池,海岸などの水域は,私達の暮らしの中でどのような役割を担っているのでしょうか?
例として,レクリエーションの場という役割や,人々の心を癒してくれる自然という親水の場としての役割などが思いつくと思います.
そして,忘れてはならない役割に,私達の生活を支えている社会基盤(インフラストラクチャ)としての機能があります.例を挙げると,洪水の氾濫を制御して被害を抑えるための治水や,飲料水やかんがい,発電といった利水などの役割があります.
本研究室では,社会基盤としての河川や湖沼,海岸の機能を高めるよう,水域の環境に関する物理的側面(水の流れ)を主な切り口とした研究を進めています.
研究対象には,海岸線の変化(海岸浸食),波動場の流動気候,貯水池の水質保全対策(富栄養化現象),湖沼の流動と生態環境(汽水湖とシジミ貝)などが挙げられます.
これらの研究成果を通じて,よりよい水環境を創造し管理するための手法をデザインすることを目指しています.

画像1

画像2

様々な側面を持つ川や湖

私達の身近にある川や湖,海や貯水池ですが,写真の例のように様々な姿を見せることがあります.人と自然が調和した環境を築くためには,これらの姿をきちんと把握して,適切に管理していく必要があります.

豊かな自然
画像3

調和を乱した湖(アオコ)
画像5

災害を起こす河川
画像4

水源としてのダム湖
画像6

環境をデザインする河川管理

自然復元型川づくり1)
画像7

魚道(アイスハーバー型)2)
画像9

水質保全施設(ダム湖)
画像8

多自然川づくり3)
画像10

1) http://www.ks.hkd.mlit.go.jp/kasen/sibetucon/report/6tec.html
2) http://www.agri.pref.kanagawa.jp/suisoken/naisui/kenkyu/H11/suiijyo2.htm
3) http://members.aol.com/masayama/vortrag.htm
水の流れと河川環境の管理

水の流れ(=物理的)についての知識が,河川環境の管理・デザインの重要な基礎

画像11

水の流れと河川環境デザイン

例えば・・・

標津川の蛇行復元プロジェクト

画像12
        (かつて)直線化された河道

川の蛇行を復元するために...

  • 洪水が適切に流れるか?
  • 魚類は住みやすいか?

などについて,考える必要がある.

物理的な環境要素

  • 川幅,蛇行の大きさと流速
  • 川底の“石”の状態

などについて適切なデザインが必要